ラッセンを一躍有名にした事象とか作品などがあれば教えてください。

得するラッセン情報

得するラッセン情報のmainimage

ラッセンを有名にした事柄や作品につい。国連キャンペーンのポスターや切手など、希少性の高い作品・活動を紹介します。

ラッセンを一躍有名にした事象とか作品などがあれば教えてください。

ラッセンといえば海とイルカの絵が象徴的ですが、そうではなく野鳥の世界を題材にした作品を描いたことがあります。

その希少性から多くのコレクターの目が注がれました。

◎命の尊さとそこに注ぐラッセンの深い愛情。

ラッセンは1976年に作品を発表して以来、画家としての活動をスタートさせています。

独特だったのは発表する絵の大半が「海とイルカ」を題材としたものであり、これまでの画家の作風にあったものより、透明感や奥深さにおいて際立っていたことです。

またイルカの描き方が象徴的で、絵画の一部というよりはキャラクター的な要素を含んだものでした。

ラッセンのこうした作風、ダイナにズムが彼を有名にしたといえます。

◎国連キャンペーンやその記念切手にも。

ラッセンは、1983年には国連の『クリーンオーシャンキャンペーン』のイメージアートに採用されています。

絵の題材となったのはサンクチュアリで、これまでの海を題材にしたものとは趣を異にするものでした。

後には国連記念切手としても採用されています。

ラッセンの素晴らしいところは、自身を画家という固定化した概念の中に押し込めるのではなく、役に立つのであれば、どのようなニーズにも応えようとするところです。

この切手の収益金の一部は、国連指定の難民救済活動などさまざまな費用として役立てられました。

◎ラッセンの幅広い活動と独特のタッチで描かれた作品は、世界各国で評価され、1989年にはホノルルマラソン公式アーティストにも選ばれています。

自分の画業をはじめとする活動が世界で認められ、子どもたちや家族、多くの人たちの役に立っていくのはうれしいものです。

多くの画家もそうありたいと願ってはいますが、ラッセンほど自然体にそれを遂行できている人物は少ないでしょう。

得するラッセン情報

Copyright www.spidatter.com All Rights Reserved