生まれ育った環境は、人間の将来に影響を与えるものですか?

得するラッセン情報

得するラッセン情報のmainimage

ラッセンの生まれ育った環境と画家としての大成について。影響は受けて当たり前、ですが逆境もまた栄養素です。

生まれ育った環境は、人間の将来に影響を与えるものですか?

ラッセンのような天才肌の芸術家に出会うと、生まれ育ちが大事と解釈する人がいますが、果たしてどうでしょうか。

回答者の私なりの意見をまとめました。

◎海そのものがラッセンになっていた。

クリスチャン・ラッセンは、カリフォルニア州のメンドシノ郡に生まれ、幼少期から海を身近にして育ちました。

その後、ハワイのマウイ島に移り住みましたが、そこでも海が身近にあり、ラッセンの中では海は自分にとって当たり前の存在になっていたのです。

幼少期からスケッチブックを携えては近くの海に行って絵を描くのが日課になっていました。

海をみて育ったことが彼の人生に影響を与えたというよりは、海そのものがラッセンであったと言っても良いでしょう。

◎コンプレックスが生んだ芸術家も大勢いる。

生まれ育った環境が人間の一生に影響を与えることは確かです。

しかしラッセンのように母親の愛や海に恵まれなくても、大成している芸術家や政治家、スポーツ選手などはたくさんいます。

環境といえども、良い環境ばかりではなく、劣悪・逆境というマイナスの環境が人間の審美性や才能を伸ばすこともあります。

ファッションデザイナーや美容師は自分のコンプレックスが~、政治家は貧困であった幼少期の母親を助けるために一念発起しています。

◎ラッセンでなくても、生まれ育った環境に影響を受けない人間などいません。

大事なことはその環境と自分がどう向き合うかです。

生まれ育ちが億万長者か貧乏か、母親の愛に恵まれたか恵まれなかったか、そのようなことに大きな意味はありません。

「逆境こそ私の師匠でありすべてだった」と言い残した哲学者もいます。

環境とどう向き合って栄養にしたかが大事です。

得するラッセン情報

Copyright www.spidatter.com All Rights Reserved