ラッセンのようなビジネスライクが嫌われる日本の芸術界

得するラッセン情報

得するラッセン情報のmainimage

日本の作家・芸術界の今後はどうなる?ラッセンまではいかなくても固定概念にとらわれない自由奔放さ、ビジネス性も必要です。

ラッセンのようなビジネスライクが嫌われる日本の芸術界

ラッセンのような商業主義の画家は、日本では嫌われる傾向にあります。

しかしその反面、時代遅れな一面も。

回答者の私なりの意見をまとめました。

◎画家の、思うがままの楽しみ方・生き方。

日本の一部の批評家や評論家、あるいは一部のファン、アンチ・ラッセン派がどのように言おうが、ラッセンはラッセンであり、批評・悪評がラッセンを変えることはできません。

またそうあってはいけないと思っています。

日本に芸術界というものがあるのなら、日本の画家もまた、周囲の批判などに惑わされることなく意のままに過ごして欲しいと思います。

ビジネスライクが好きな画家なら、それでいいと思います。

◎アトリエだけが自分のフィールド?

回答者である私はラッセンの擁護派でも格別なファンでもありませんが、日本の芸術家は、もう少しエンタテインメントを意識した方がいいと感じています。

アトリエにこもるだけが画業ではなく、外に出て子どもや主婦に絵を教えたり談笑したりする機会をつくることも大事です。

画家は暗くて気むずかしくて貧乏~。

そんなイメージでは、いい画家は育ちません。

◎画家もラッセンを凌ぐようなビジネスモデルをつくって、成功を楽しみ億万長者を自認するようになって欲しいです。

たとえば日本の漫画家には、携帯・スマホ、課金発信というツールがたまたまできたおかげで、億万長者が増えました。

昔では考えられないことです。

小さな固定概念など、何の意味もありません。

気になる記事:ラッセン(画家)の年収がやばい!嫁や子供と絵画の値段も!

得するラッセン情報

Copyright www.spidatter.com All Rights Reserved