ピンクコンパニオンに対する男子の身だしなみ。

都市型出張のピンクコンパニオンが増えていますが、その一方で、質の悪い“悪ノリ一辺倒の客”が増加しているという苦情が派遣会社から聞かれるようになりました。

利用者のみなさん!みなさんは大丈夫ですか?

■傍若無人?プロだって女の子なんだから。

ピンクコンパニオンは温泉街の宴会客をもてなす酌婦からはじまって、いまや都市部の小さなグループの飲み会にまで、どこにでも出張してきてくれる有り難い存在になりました。

しかしここ数年、ピンクコンパニオンの派遣会社では困ったことが頻発するようになったと言います。

それば傍若無人なパーティー客の振るまい。

「金を出して呼んでやったのだから何でも言いなりが当然」とばかりに、コンパニオンが引いてしまうようなことを強要する客が増えているのだそうです。

■集団でせがむのは集団リンチと同じ恐怖。

たとえば、到着して間無しの1人の女の子に、全員でキスをせがんだり、みんなの見ている前でスカートの中に頭を突っ込んできたりなど。

ノリと悪ふざけがスゴすぎてピンクコンパニオンがついていけない情態というのが3割以上はあるそうです。

とくに20代~30代の若い男子グループに多いとか。

いくら相手はプロだといっても、迎えるにはそれなりの礼儀があり男子としての身だしなみが必要です。

■プロにさえ嫌われてしまうような、“非常識な男の子”にはならないように。

酒の上の話では通用しません。

ピンクコンパニオンはプロだと言っても、男子の集団の中に飛び込むのは怖いものです。

やさしくもてなして楽しく飲食するのが最低限のルール。

プロにさえ嫌われてしまうようでは、この先の出会いはありません。

“良い人”と思ってもらえる男子が、女の子にモテる絶対条件です。

やさしくリードしましょう。

コメントは受け付けていません。