白髪染め考察

ヘアカラーとヘアマニキュア。どちらも白髪染めですが、どのような違いがあるのでしょうか?

白髪染めはコツさえ掴めば自宅でも綺麗に仕上げることが可能です。

上手に白髪染めが出来ない…、という人は以下の点を気をつけてみると良いでしょう。

先ず、自分の髪質を理解した上で、自分にあった白髪染めを選びましょう。

白髪染めはその人の紙質によって髪の染まり方が大きく異なります。

例えば、細くて柔らかい髪質なら色も染まりやすいのですが、逆に太くて硬い髪質だとなかなか染まりにくいので注意が必要です。

髪が柔らかくて細い人は暗めに染めたいときは希望より1トーン明るい色を、髪が硬くて太い人は明るめに染めたいときは希望より1トーン明るい色を選ぶのがコツです。

次に、温度が低いと髪も染まりにくくなるので気をつけましょう。

室温が低い場合は基準の放置時間よりも長めに放置したほうが良いでしょう。

逆にラップやシャンプーキャップなどを被りその上からドライヤーをかけると、美容院で白髪染めをした時のように綺麗に染め上げることができるのでオススメです。

生え際やフェースラインは多めに白髪染めを塗るのがポイントです。

染まりにくく、さらに目立ちやすいところなので、他のところよりも重点的に塗りましょう。

そして最後に、放置する時間ですが、髪が太くて硬い人の場合は、説明書に記載されている放置時間よりも長めに時間を取ると良いでしょう。

髪が細く柔らかい人の場合は、記載時間のままでOKです。

以上の点に気をつければ、誰でも簡単に白髪染めができるはずですよ!

≪関連情報≫⇒自分の髪はどんな髪でしょう?細くて柔らかい髪?太くて硬い髪?

火曜日, 24 6月 2014 on 白髪染めのコツ.

Comments are closed.

白髪染め考察 - ヘアカラーとヘアマニキュア。どちらも白髪染めですが、どのような違いがあるのでしょうか?.

Powered by WordPress using the theme Blog Curvo (by Sumolari).

Entries (RSS) and Comments (RSS).

Top