ピンクコンパニオンの基本的な解釈について。

ピンクコンパニオンは、“ピンク”というのですから、エッチが前提であることは間違いありません。

ザックリどんなものかを理解しておきましょう。

■ピンクコンパニオンとはそもそも何者?

ピンクコンパニオンにはいろいろな呼び名があります。

たとえばスーパーコンパニオンとかハードコンパニオンなどというのもその1つ。

呼び方は違っても、みな同じ職種であり風俗嬢・性風俗嬢です。

宴会のグループ客から派遣会社に予約が入ると、その宴会場に行って一緒にお酒を飲み、大人のゲームなどをして盛り上げてくれるのが通例。

旅行会社によってはツアーのプランに入っているものもあります。

■エッチプレイとゲームでオトナの盛り上がり。

大人のゲームをして楽しむというのは、野球拳、ツイスター、王様ゲームなどです。

ジャンケンをしたり、勝った人が負けた人に命令したりして、服を脱がせる、キスを強要するなどして楽しみます。

カラダに触れるエッチな遊びが目的なので、単純明快、子どもでも分る程度のゲームがいいのです。

盛り上がってシッポリ出来上がったら、そこからは別途交渉で個室へ行きましょうという運びになります。

■ピンクコンパニオンにかかる費用は3万円~5万円程度。

それなりに軍資金が必要ですが楽しいのはウケアイ!

宴会に呼んではしゃぐだけなら2万円程度ですが、個室に行ってエッチもとなれば、別途2万円以上は必定。

交通費・延長料などを入れると、トータルで5万円はみておいたほうが良いでしょう。

高いと思うか、こんなものと相場を踏むかです。

温泉街だけではなく都市部でも来てくれます。

ピンクコンパニオンを依頼するなら>>宴会の達人 | スーパーコンパニオン(ピンクコンパニオン)宴会プラン